鈍重な開発を俊敏にしていく日記 RSSフィード

|

2007-04-16

新・作業環境 17:57  新・作業環境 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  新・作業環境 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記

千葉営業所が本社に統合されて、席替えやなんかがありました。これで千葉までちょくちょく出張する日々も終わり。

f:id:yugui:20070416175448j:image

2007-04-14

私のとこのrailsプロジェクト燃える理由 16:02  私のとこのrailsなプロジェクトが燃える理由 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  私のとこのrailsなプロジェクトが燃える理由 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記

Rails なプロジェクトが燃える理由より、

  • そもそも工数が足らない(ww

私のとこがよく燃えるのはこれだな。shachiさんに前に、「なんでいつもそんなに炎上してるの?」と言われたけど。というか、まず単純に人数だな。

ブルックスの法則によれば「人を増やしても炎上は回避不能」。けれどもそれは勿論最適な人数というものが存在するということであって少なければよいというものじゃなく、絶対的に人数が足りなければやはり炎上原因となりうる。せめて楽をできるところは楽をしようというのと、やっぱり私が中身をよく知ってるという点でRailsを使う。それは実際効果は上げているけれども、絶対的な不足を補いきることはできていない。

だから、そのほかの部分でも楽をできるところは楽をしよう、士気を上げよう、情報やりとりを円滑にしよう、新人が育つような環境を作ろう、とアジャイルアジャイルと言ってXPベースプロセス改善しようとしているのが今現在。その甲斐あってか、今の会社ではずっと順調に来てたけど、それでも先々週から先週にかけてはどうしても開発が終わらずに会社にお泊り会となってしまった。

HenriettaHenrietta2016/05/11 12:07A piece of eruiotidn unlike any other!

DasiaDasia2016/05/11 19:57What fun to stumble on your corner of the interwebs via Freshly Pressed! I love that <a href="http://iktbju.com">yo8r;u217#&e</a> drinking siphon coffee in your picture, and that you share my nerdy crocheting habit. (: Venturing abroad for love and adventure is more gutsy than people know – I’m on year three and by now have experienced the full gammet of highs and lows, and settled on a very lovely, satisfied middle ground. All that to say…go you!

2007-03-23

ペーパープロトタイピング 18:18  ペーパープロトタイピング - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  ペーパープロトタイピング - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記

本日のお題はペーパープロトタイピング

空席の机を占拠して、その机でなんか書類整理してた人の「触らないで」というメモが残ってたけど気にしない方向でそれらは端に寄せて、ペーパープロトタイピングした。

「さあ、図工の時間です」と、とりあえず開発段階の画面をプリントアウトして、その紙を適当に切り刻んで部品として使用。足りない物は紙を千切って適当にその場で絵を描いて、あれこれ動かしながらデザインを吟味した。

ここでオススメなのは、どこのオフィスにでもあるであろう、普通クリアファイル。ヘッダ、フッタのような動かす可能性の低い部品はまとめてクリアファイルに入れて配置してしまって、そのクリアファイルの上で他の部品を動かす。あと、クリアファイルにはそのままホワイトボード用のペンで描いたりもできるので便利。ちなみにこれは『ASIN:4893691953』に書いてあった技。Web開発者は全員TRPGをやるべき。

そんなこんなで新しい画面のデザインが決まった。

リリースが終わって機密指定が解けたらプロトタイピング途中経過写真が載る予定。

2007-03-16

身体によるソフトウェア開発 16:43  身体によるソフトウェア開発 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  身体によるソフトウェア開発 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記

30分悩んでた問題が、コーヒーを買いに外に出て歩き出したら途端に解決した。歩いたり、冷たい空気に触れるのは集中力を上げて思考を鋭くする。

f:id:yugui:20070316163725j:image

うちの会社では、ウサギ耳を付けてるデザイナさんがいたり、ぬいぐるみを手に踊ったり、ピコピコハンマーを振るったり。話に聞く余所様のところでは、あんどんが付いたり、レゴを壊したり。私のドリームプランでは、ビルドがこけると金だらいが降ってくるようにしたいんだけど。

身体や空間との関連づけは思考を明晰にする。動作や様式、装飾は思考を適切に方向付ける。「キャップの色が違うよ」という手法もあったっけ。

チーム開発に携わるプログラマは歩いて歌って踊ってナンボの商売、かもしれない。

2007-03-14

オブジェクト、勘 01:21  オブジェクト、勘 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記 を含むブックマーク はてなブックマーク -  オブジェクト、勘 - 鈍重な開発を俊敏にしていく日記

Yくんにオブジェクト指向教育してる。オブジェクトとは何ぞや、というところから。どうも、class Hogeとか書くのを今までおまじないと認識していたらしく。オブジェクト指向とはまず、モデリングの考え方であり、システムにとっての世界認識なのである、とか。で、どうやってドメインからオブジェクトを導出するのか、とか。

批判の多いやりかたなのは百も承知だけれども、最初のステップではオブジェクト導出のやりかたとして「名詞を抜き出す」を教えた。色々話したけれども、これが一番通じたのだ。個体発生は系統発生を繰り返す、のかもしれない。

実際のところOOプログラマにとっては、特にモデリングの厄介なところ*1を除いて、何がそのドメインにおけるオブジェクトであるかというのは自明であると思う。勘で分かると言ってもいい。

と、うっかり口を滑らせたら、「勘でやるのは得意です」とYくんは言う。ここで言う勘は経験によって養われた形式化されていない知識体系という意味であって、当てずっぽうという意味じゃないんだが。安易に経験、勘、度胸とか言っているとこういう誤解を生じる。

*1:まあ、結局いつもここで悩むんだけど

|